アクセス・周辺地図 Click!! 
 施術スタッフ募集 鍼灸師・柔道整復師募集中!
 
 ● お知らせ

水曜日午後の電話予約受付はございませんのでお電話の際ご注意ください。

木曜日(午前・午後)を休診といたします。

また電話予約受付時間が午前9:00〜12:00 午後4:00〜7:30変更と

なっておりますのでご注意ください。

電話予約受付時間外は電話に出ることが出来ませんのでご了承ください。
          
現在、予約多数のため、キャンセルがある場合を除き、当日の予約はほぼ

取れない状態となっております。ご希望の時間での予約は1〜2週間前から

の電話予約または、お帰りの際、次の予約をとっていただくことをおすすめ

いたします。



 








 
どうでしたか?ためしてガッテンでの筋膜リリース

首・肩こり体操は?? この体操で楽になった方は

セルフケアをどうかつづけて下さい。

しかし、それでも、しんどい体がつらいという方は

ここから先下を読んでいただき是非当院に

ご相談いただければ幸いです。
↓↓↓
 
 

■筋肉を緩める 筋膜リリース
  

  
当院では筋膜の癒着を改善することが可能です。

癒着をはがし、代謝を良くすることで皮下組織内

で引き起こしていた神経からくる痛みの原因を

根本から改善します。筋膜をリリースする緩める

ことにより、

 

1.筋膜の癒着を剥がす

2.血液やリンパの循環を良くしむくみを改善

3.筋肉の機能を正常にする

4.関節のゆがみを正す


という段階を経て、患者様の全身根治を目指します。
 
 


 ■筋膜とは?


 
私たちの皮膚の下には全身に筋膜が張り巡らされ

ており筋肉だけでなく骨や内臓、血管、神経まで

の体内組織を包み込み、保護している役割を担っ

ています。同じ姿勢で1日を過ごすオフィスワーク

また日常の運動量が減少した現代社会の生活

習慣は、知らない間に筋膜の癒着を引き起こして

います。その癒着こそが肩こり、首こりの原因に

なっています。 



 







全身の筋・筋膜は筋膜経線として上記の様につながっています!
 
■当院に実際に来院された患者様に筋膜調整による

姿勢筋・筋膜骨格調整前と調整後の撮影のご協力をしていただきました。 

 

■痛みの原因について


 
骨が『歪んで変形しています』、『軟骨がすりへっています』『ヘルニアです』

とレントゲンや画像検査の結果、そのために神経が圧迫されて痛みが出てい

ますと通説でいわれております。

しかしながら、オアシス鍼灸整骨院の施術者(院長)は歪んでいる骨やすり

へっているように見える軟骨が直接の痛みの原因になっているのではなく

その周りに付着する筋肉(筋膜)の緊張そのものが、そもそもの痛みの原因

になっているのだと考えております。

 
 

イメージ図      
深層筋(インナーマッスル)
左右の回旋筋や多列筋
が背骨の位置を形成している。







腰方形筋が見かけ上の足の長さを形成する!?・・・



 この様に骨の位置や見かけ上の歪み・変形・ズレを引き

起こしている原因が筋肉(筋膜)だとすれば、硬くなり凝り

固まっている筋肉を弛緩させ正常な状態にすることが

痛みや違和感を取り除く近道だと当院の施術者は考えます。

当院ではオステオパシー・カウンターストレイン(筋反射を利用した手法)と

その他の筋反射療法を組み合わせ独自にアレンジされた特殊かつ

即効性がある体幹四肢バランス調整による筋膜調整を行っております。

(※バキバキボキボキするようなことはしません)

 当院の施術者(院長)は鍼灸師の資格を平成6年に習得し

修行時代と開業年数を含めて臨床経験約23年、その間、数十万人の

方を診させていただく機会をあたえていただきました。

特に開業後、痛みに悩む患者様に筋筋膜性疼痛の除痛

を得意とする手技トリガーポイント療法とオステオパシーの手技を

治療のベースとして行ってきた結果、近隣だけでなく口コミのみで

遠方各地からも来院していただける治療院となり予約も常にほぼ満席の

状態へと成長させていただきました。

痛みに悩み何軒もの病院・整骨院・整体院をわたり歩き、最終的に

当院にたどりつき当院の治療内容を気にいっていただき、ご来院いただい

ている、ほぼ全員の方が※一般的な整骨院(※電気をあてて痛みのある

ところを軽くマッサージする程度)他院と治療のやり方が全く違う効き目が

全然違うとほとんどの方が感じていただいております。

それは痛み症状にたいして核心を突いたことを行っているからだと思われ

ます。当院ではトリガーポイント療法(筋肉治療マッサージ・鍼)を軸に

オステオパシー(筋膜調整・関節調整・神経調整・反射調整)等

症状によって有効な手技手法を問診(どのような日常生活動作が多い

か過去にどのようなケガや痛みがあったか等)および解剖学、運動学等

臨床経験と現場で培った治療技術知識で姿勢、柔軟性可動性、

※代償動作(※主動筋が動かず協力筋やその他の筋肉が代償して

動かしている等)を確認し筋肉の動きの悪い所や痛みの本当の発痛

原因部位を運動検査で見極めてから治療を行っております。

マッサージ・鍼が有効な痛み症状もあれば、筋膜リリースが有効な

痛み症状、関節調整(関節包内矯正)や姿勢調整が有効な痛み症状

神経調整が有効な痛み症状等、痛みへのアプローチ法は一つでは

解決できません。また上記(筋肉・骨・関節・靭帯・神経等)が複雑に

絡みあって痛み症状が出現している方がほとんどです。

よって有効な治療法(手技)も一つに限定できることはまずないと

当院では考えております。

下に約20年の歳月をかけて、疼痛に効果があるありとあらゆる徒手

技術と知識を組み入れ編み出した、現在でも進化し続ける

当院オリジナルの調整法、特殊かつ即効性のある体幹四肢バランス調整

による筋膜調整を行っている動画をご用意していますので見てください。

一般的に出回っているテレビ雑誌等で行われている局所的な

筋膜リリースの域を超えている貴重な動画を撮影できました。

痛みがある部分と全く違う遠位部の場所(筋肉)に刺激をいれる、または

触れて関節の操作を手技にて行うことで体の中からリアルタイム

に反応が表れる、その場で変化が出る患者様の様子をご覧ください。

痛い部分が首なのに首から最も離れたところ足を調整して

首の可動域が広がるとともに痛みが消失する常識では

想像がつかないであろう現実が撮影されています。

当院が誇る本物の筋膜リリースが成せる技です。

※全く新しい発想のもと体幹 (頭蓋 ・背骨・骨盤)上肢(腕)

下肢(脚)の相互関係を改善する体幹四肢バランス調整を行える

のは堺市上野芝のオアシス鍼灸整骨院のみとなっております。

■体幹四肢バランス調整(下肢にて首の調整)を行っている動画です!




【免責事項】 お客様個人の感想であり、効果・ 効能を保証するもので

はありません。



貴重な動画を撮影させていただきましたF様ありがとうございました。

■体幹四肢バランス調整(下肢にて首の調整)を行っている動画です!




【免責事項】 お客様個人の感想であり、効果・ 効能を保証する

ものではありません。




貴重な動画を撮影させていただきましたK様ありがとうございました。

 
■体幹四肢バランス調整(姿勢調整)を行っている動画です!




※調整時の全てではなく一部を公開しています。ご了承下さい。

【免責事項】 お客様個人の感想であり、効果・ 効能を保証する

ものではありません。




貴重な動画を撮影させていただきましたM様ありがとうございました。

■当院独自の筋膜リリース法あまりの変化に患者さんも吹き出し笑い!




 
※調整時の全てではなく一部を公開しています。ご了承下さい。

【免責事項】 お客様個人の感想であり、効果・ 効能を保証する

ものではありません。



貴重な動画を撮影させていただきましたA様ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 

■当院の治療の考え方

 


 痛みがある所だけを治療しても痛みが改善されない痛み症状があります。

上記の図が全ての痛み症状に当てはまるとは言えませんが、慢性的な痛み

や病院に通っているがなかなか症状に変化が無いような場合、青い部分の

筋膜が連結する筋筋膜経線上に存在する本当の痛みの
トリガーポイント

原因筋を見つけることが痛みを消失させる近道だと、当院では考えています。

 レントゲンやCT、MRIなどの画像診断、その他血液検査等を行うことは骨折

や脱臼その他の重篤な症状を早期に発見するために必要なことであり、内科

的原因所見を発見するため医師の診察、診断を受けることはとても重要なこと

です。しかしながら、画像所見と疼痛症状が必ずしも一致しないことが、現在

では周知の事実です。厚生労働省の発表では腰痛やその他の痛み症状の

実に約80%もの疼痛症状が
原因不明だとデータにて調査発表されています。

なぜ?こんなにも医学が発達しているにもかかわらず原因が不明な首や肩

腰、膝などの痛みが存在するのか?慢性的な疼痛症状の中には脳や精神的

な原因の場合も確かに存在しますが、それよりも多くの場合、痛みがある部位

と痛みを引き起こす原因部分が全く違うところにあるという現実を知らないの

か?もしくは知ってはいるが放置?されてきたことに原因があります。

また当院に来院される以前に病院や整形外科へ受診された患者さんにどの

ような治療をされてきたのかとお尋ねすると、レントゲンMRI、痛み止めの注射

痛み止めの内服薬・痛み止めのシップ、リハビリでは痛みがあっても関節可動

域を上げるためのみの運動療法、物理療法では痛みを取るためにはそんなに

効果が出ないであろう、痛みがある所に電気低周波治療・ホットパック等の

温熱治療・効果に疑問を感じる牽引療法ぐらいでしょうか?悲しいことに日本の

現代医学や多くの医療従事者の考え方は、今現在でも痛む場所が悪い場所

もしくは画像検査で診断される脊髄神経レベルに関係する背骨の影響による

神経圧迫説による疼痛症状の概念しかありません。

多くの場合、私が約20年前に病院やクリニックに勤めた頃と考え方が何も

変わっていません。患者さんのお話を伺うたびに一般的な病院や整形外科では

疼痛治療の分野で進歩が全くないように現在でも感じています。

 当院では明らかな内科的疼痛症状の場合や画像診断で明確である症状を除き

原因が不明な疼痛症状の場合、原因のほとんどは筋骨格系の筋肉および筋肉

症状に伴う関節の遊びの無さにあると考えております。なぜなら当院に疼痛治療

の目的で来院された約8割の方が筋肉に原因があり筋肉の状態を良くすることで

疼痛が改善もしくは消失することがほとんどです。極論かもしれませんが、厚労省の

発表の数字と似通っているのは単なる偶然でしょうか?疼痛症状の原因は筋肉の

状態が悪くなることで関節の動きが悪くなり負担がさらにかかり痛み症状がでる

→関節周辺の筋肉の痛みをかばうために体幹部では不良姿勢になり疼痛症状が

表れる→不良姿勢(ストレートネック・猫背・亀背・反り腰等)当院において筋肉の

状態を良くする手技手法で筋肉の調整を行えば姿勢は明らかに整いますし疼痛も

軽減もしくは消失します。

【※痛みを取るのにバキバキする瞬間的な徒手矯正行為は当院ではしません】

上肢(腕)や下肢(足)の場合はオーバーワーク使い過ぎによる筋肉の疲労→緊張

状態→正常に関節の動作ができずにさらに負担がかかり、ちょっと話が難しくなり

ますが通常働く主動筋ではなく協力筋が主に働くことにより代償運動作用による

さらなる疼痛部位の拡大といったところにも筋肉が原因となる隠れ症状が存在します。

よって首や肩、腰、膝などの痛みに対しては、その痛みがどこから悪くなってきて

いるのか?痛みの原因となっている本当の筋肉の部位はいったいどこなのか?を

明確にし、細かい筋肉の動きをチェックし原因となる筋肉の部位を探し出して治療する

必要があります。ほとんどの病院・医院・鍼灸院・整骨院・整体院・カイロプラク

ティック等の治療院では、そもそも疼痛部位と全く違うところの筋肉が痛みの原因

とは考える要素や概念が無く痛みのあるところだけの局所部位か、もしくはその周辺

部位、背骨程度しか診ません。痛みのある部分と全く違う部分の筋肉が痛みの原因

だと思っていないので、その重要性に気づいていない、よって筋肉の動きを見ないので

細かい筋肉の運動検査までして見ていない、筋肉の触診をあまりにもしないので筋肉の

悪い状態がどんなものかわからない、よって痛い部分が悪いかどうかの判断が一瞬で

できない。悪い部分が確認できないので正確な徒手での治療がその場でできない。

徒手により、その場ですぐに症状に変化(疼痛軽減もしくは関節可動域の拡張)が

出せないため治療を開始してから何週間も何か月も毎日のように通っているのに

いつまでたっても1ミリも変化がなく長い期間様子を見ましょうと言われてみたり

痛み度合いの変化が全く無いにもかかわらず、これ以上悪くならないため

にも通院は必要だと、ひょっとして、あなたは言われていませんか?


当院では疼痛症状の軽減可動域の変化を特に重要視しています。徹底的に原因

となる筋肉の部分を探し出し疼痛症状を次のように改善していきます。

【日常生活の動作や過去のケガの履歴など問診後】

    @疼痛症状の確認 評価(運動検査)疼痛症状原因部位の探索 

     痛みの再現動作可動域の確認

    A施術

    B再度症状の確認 評価(運動検査)疼痛症状の変化軽減

     関節可動域の再確認

    C施術

    D再度症状の確認 評価(運動検査)疼痛症状の変化 
    
     疼痛軽減・疼痛消失・正常可動域

この一連の流れで評価確認症状の変化をみながら当院では施術を行っています。

※@〜Dを一回の治療で行っている動画をご覧ください↓↓↓

当院での運動検査の結果、脚の痛みは腕にあることが判明。痛みの場所(脚)とは

かけ離れた疼痛原因筋(腕)を調整することで左膝関節の痛みが消失

また左股関節が痛みのため脚に力が入らず全く上げられなかった脚が

調整中、その場で力も入るようになり、しっかりと脚が上げれるようになって

いく貴重な動画をご覧ください。



また疼痛症状が改善しても、日常生活の中での不良動作や不良姿勢が繰り返し行

われることで疼痛症状は戻り症状が出ます。再発させないためにも、あなたが気づい

ていない痛みの原因動作について、今後は日常行われている生活動作のチェックや

体を酷使しすぎないように一緒に考えて行きましょう。本気で一緒に治していこうと

いう意識のある方は、当院でしか行えない当院独自の筋肉治療を体感してください。
 
 
   








オアシス鍼灸整骨院
の口コミを書く





病院検索MEDWEBで
オアシス鍼灸整骨院を

おすすめしてくださる方は
↓↓↓こちらから↓↓↓

 
おすすめ評判件数 
現在
300人以上


スポーツの損傷
捻挫・打撲・筋損傷
 骨盤調整
 
交通事故専門治療 
 

 
 

 






     
   
   
 

 
   
   
   
 






       
   
       



 
 




 






 















 
 
 











 



 
 

 

Copyright(C) 2009 堺市の整骨院 オアシス鍼灸整骨院  All rights reserved. 
inserted by FC2 system